C O N F E R E N C E / 美 術 教 育 研 究 大 会

第23回 美術教育研究大会

日時:2017年11月12日(日)場所:東京藝術大学 美術学部 上野校地
※本研究大会には会員以外の方でも自由に参加できます。
※大会運営の都合上、参加希望者は事前に事務局(電話:050-5525-2266)までお申し出下さい。

8:30 ~ 9:20  受  付(会場:美術学部中央棟 1階 ロビー)
9:20 ~ 9:30  開  会(会場: 美術学部中央棟 第2講義室、第5講義室)
9:30 ~ 11:40 口頭発表(会場: 美術学部中央棟 第2講義室、第5講義室)
9:30 〜 11:40 口頭発表(会場: 美術学部中央棟 第2講義室、第5講義室)

口頭発表

会場1 第2講義室
① 9:30 ~ 10:00
中村 儒纏  「形や色」ではないものを捉える美術教育
        ー石井鶴三の「凹凸のおばけ」からの考察ー

② 10:00 ~ 10:30
武馬 淑恵  「有松アルティザン」を育成する仕組みの構築に向けた研究
        ー既存ワークショップの課題評価に基づく新たなワークショップの検討ー

〈10:30 〜 10:40  休憩〉

③ 10:40 ~ 11:10
渡邊 一翔  人体モデリング会「彫塑ロジュエ」
        ー実践のあらましと開催を通じての考察ー

④ 11:10 〜 11:40
木谷 安憲  同テーマ作品の媒体における変化に関する一考察
        ー紙芝居・絵本・絵画としての『るいちゃんの結婚式』ー

会場2 第5講義室
① 9:30 ~ 10:00
橘 美知子  座標軸を活用する美術科教育法の試み
        ー大人と子供の視点を往復する課題体験の紹介ー

② 10:00 〜 10:30
鶴野 俊哉  学校と地域をつなぐ芸術教育の取組

〈10:30 〜 10:40  休憩〉


展示をともなう口頭発表

③ 10:40 〜 11:10  展示をともなう口頭発表
伊藤 裕貴、大小田 万侑子、野村 紀子、井元 紗奈恵、小林 千夏、只野 彩佳、松坂 朝子
幼児期における造形表現による教育の可能性についての実践的研究

④ 11:10 〜 11:40  展示をともなう口頭発表
古屋 祥子  山梨県立大学「リユース・アート・プロジェクト」の実践と課題

〈11:40 ~ 12:40 昼食・休憩〉

12:40 ~ 13:00 展示発表者の作品説明(会場:美術学部中央棟 第4講義室、第6講義室)

13:30 ~ 14:30 総会(会場:美術学部中央棟 第1講義室)

〈14:30 ~ 14:45 休憩〉

大会企画

14:45 ~ 16:50(会場:美術学部中央棟1階 第1講義室

「デザインとは何か」
講  演:河北 秀也 先生
(株式会社日本ベリエールアートセンター代表取締役アートディレクター・東京藝術大学名誉教授)

〈大会企画趣旨〉
 第20回研究大会テーマを継承し、「これからの美術教育」を積極的に創り、考えていく契機として、本大会は「デザイン」をテーマといたします。美術とデザインは、ともに創造的活動でありますが、めざす人間との関わり方においては、それぞれ異なる点もあります。そこで、デザイン分野の第一線でご活躍の河北秀也先生をお招きし、「デザインとは何か」と題しご講演いただきます。人間の幸せという大きな目的のため、創造力・構想力を駆使し、私たちの周囲の様々な関係を調整する行為をデザインとお考えになる先生の、現場から発信される貴重なお話から、さまざまな学びを得るまたとない機会となります。

17:00 ~ 18:30 懇 親 会(会場:大学美術館内 大浦食堂)

展示発表

日時:11月12日(日) 10:00 〜 17:00
会場:(会場:東京藝術大学 美術学部中央棟 第4講義室、第6講義室)

発表者:赤木 美日、大小田 万侑子、大沼 蘭、栗山 由加、小松 佳代子、齋籐 千明、野村 紀子

〈中央棟内 案内図〉
東京藝術大学 上野校地へのアクセス
 【 JR 】上野駅・鴬谷駅 下車徒歩10分
 【 地下鉄 】銀座線・日比谷線上野駅 下車徒歩15分
       千代田線・根津駅 下車徒歩約10分
 【 京成電鉄 】京成上野駅 下車徒歩15分
 【 都営バス 】上26系統(亀戸 ←→ 上野公園)谷中バス停 下車徒歩約3分
 【 台東区循環バス 】東西めぐりん東京芸術大学バス停下車すぐ